FUTABAについて
一緒にFUTABAの一員になる
新入社員研修
4月に入社した新入社員は、社内外からの 講師による研修を受けます。社会人としてのマナー、心構えから始まり業務上必要となる基本知識と『モノ造り』について学んでいきます。
また、溶接や動力プレスなどの作業は、座学で理論を学んだ後、実際に現場で作業して理解を深めます。
社員が成長すれば必ず会社も成長する、とFUTABAは信じています。研修をとおして私達と一緒に成長していきましょう。
研修カリキュラム
心構えについて
仕事をするということ
社会人としてのマナー
電話対応
接客対応
勤務について 等
技術習得
※工場勤務に限る
溶接
動力プレス
安全衛生・品質管理・原価管理教育
実践IE研修(基礎・応用)
FMEA/FTA研修
炭酸ガスアーク溶接作業
アーク溶接
産業ロボット教示に関わる特別教育
Photo
Photo
Photo
福利厚生
。
1日の中で1番長く過ごすであろう会社が3K(汚い・暗い・危険)職場では、働きがいややりがいが感じられるはずもありません。更には、お客様に喜んでいただけるような製品も作れるはずがありません。そのような考えから当社では「明るく快適で働き易い職場づくり」を基本方針として、全社員で知恵を出し、快適職場づくりに取り組んでいます。
改善する事で少しずつ職場環境が良くなり、やりがいややる気につながり、更に改善が進んでいく。
これまで何千何万という改善のアイテム・ひらめきが生まれ、それが福利厚生に生きています。
今後更なる快適職場を目指し取り組んでいきます。
Photo
多目的グランド
桜江工場には、ソフトボール、テニス等のできる多目的グランドがあり、社員が健康維持・促進に利用しています。
 
Photo
食堂
全社員が利用できる、クリーンで衛生的な食堂を設け、快適な環境での食事が出来ます。
Photo
マッサージチェアースペース
食堂の中に、マッサージチェアを設置し休憩時間に仕事の疲れを癒し、リフレッシュ効果を促しています。
 
Photo
いこいの広場
大州工場には、社員手作りの休憩所「いこいの広場」があります。 近年のデフレ不況の中、工場内の整理・清掃・整頓をはじめ、様々な改善を社員全員で取り組んだ結果、空きスペースが生まれ、そのスペースを安らぎを感じられるいこいの広場に作り変えました。 社員全員が力を合わせて快適職場作りに取り組む、それが双葉工業のものづくりに繋がっています。
福利厚生施設
スポーツ大会 まず、健康であるということ
現代はストレス社会と言われ、メンタルヘルス対策に力を入れる企業も増えてきました。そのような中、双葉工業では健康維持増進とストレス発散を目的として、以前からスポーツ大会に力を入れてきました。春と秋の年2回、桜江工場の多目的グランドを利用して開催しています。スポーツ種目は、毎回実行委員が選出され、実行委員会によって企画されます。グランドゴルフやソフトボール、テニス等のスポーツを通じて、健康やストレス発散だけでなく、工場間の交流が持てることで社員の輪が広がる事にも繋がっています。
Photo